大きなオリーブの木の下で

アクセスカウンタ

zoom RSS 無い、ない、ナ〜〜〜〜〜〜イッの国

<<   作成日時 : 2009/03/18 01:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

今に始まったことじゃないんだけど、この国に必要最低限のことを期待しないようにしている。
期待するだけ無駄だし、こいつらの為にエネルギーを使いたくないのだ。

多分、この国に実際1ヶ月いや、1年以上住まないとこの意味と気持ちが分からないと思う。
まぁ、私が来た当初に比べればだいぶましに放ったものの、本当に常識に考えてこれは必要だろう!!と思うのは必ずといっていいほど・・・無い
特に、道具の修理品に関しては特に無い
私は、絶対EU加盟できたのは、歴史上からの理由でしょうがなく入れたのだと思う。
だって、こんなメチャメチャな国が入れるわけ無い!!
・・・色々な外国人に質問するが、口をそろえて”自然は素晴らしいが人間は・・・”と答える。
びっくりしたのは、エジプト人やアフリカ、イラク人までが口をそろえて言うぐらいですから。。。

来た当初、文房具1つ買うのも大変だった。
近くのスーパーに文房具コーナーがあっても、何かひとつかけている。
ノートと鉛筆があるのに消しゴムが無いって感じ。
在庫管理をしていないのもだけど、これを使ったらこれも使うような思考能力がやつらには無い。

私が趣味とする手芸なんて、生地はワンパターン。
生地の種類なんて望んではいけない!!
もうね、ここは本当に手芸屋かい!!と思うぐらい、必要なものが・・・無い
コスメの発祥地なのに手作り化粧品や石鹸を作ろうと思っても、エッセンシャルオイルはあるものの、肝心なのが・・・無い
オイルは直接塗るものだとか、教わる立場なのに言う筋合いは無いと思うが正直、教えてくれている人の肌は荒れている。そんな人から教えてもらいたくない。
もう、愚痴を言ったらきりが無い。。。

悲しい話だが、日本に住む友達に頼んだり、この国を一歩でたら即買出しと、ノートに書きつめて探すのが大半。
・・・本当に嫌になる。

特に困るのが、ものの修理。。。
私は、絶対修理はやつらにはさせない。
やつらに任せるんだったら、ネットや本で調べて私がする!!
修理に出した状態より酷くなって帰ってくるのが大半だからだ。(←一度痛い目にあった)
出すのであれば、車に詳しい人から現地人が修理しない外国人のところにしか車の修理は出さない。

ひとつ大きな例を出す。
先月スキーに行った際、数回使うとスキー板・スノーボードにワックスを塗りませんか?
スキー専門店のショップに行くと、定員さん??
使うことを全く知らない
おまえ〜〜〜〜〜〜〜〜、
スキー場近くのショップだろぉ〜〜〜〜〜っ

まぁたまたま持参していたからよかったものの、どうしてスキーインストラクターなのにこんな常識を知らないんだろう・・・。

ここでまだ終わらないのがこの国。
結構スキー板が痛んでしまったので、修理をしたい。
修理に必要な接着剤やリペアキャンドルが無い。
この人たち、修理をするんだったら新しいものを買うと言うような馬鹿な先入観がある。
修理することを知らない、いや出来ないのだ。

スノーボードとスキー板が売っているスポーツショップ4店舗ほど探したが、話にならなかったので、日本から送ってもらう。
画像

よく見てほしいのは・・・
画像
この2点。
画像


ヨーロッパ製って、どういうことよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ


あぁ、本当に頭にくるこの国。
自然は素晴らしいのだけど、本当にここの人間は・・・だ。


ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけましたら↓をポチッと
画像

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像
クリックしてください♪今後の励みになります
応援の方よろしくお願いします。


今回のお勧め品
【15%OFF!!】TOKO(トコ)リペアキャンドル クリア・ブラック
スポーツの星 カスタム
お取り寄せになり、3〜5日ほどかかります。メーカー在庫切れの節はご容赦ください 。リペアキャンドル滑


楽天市場 by ウェブリブログ

やはり、愛用品は長く使いたい。自分で修理すると尚いっそう愛着がわくもの。大切に使わなきゃですね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
住んでみないと分からないものですねぇ。
そちらには行ったことがないので、他のヨーロッパの国と大差ないのかと思っていましたが。。。

素晴らしい自然が素晴らしい人を育む、ってことはないんでしょうかね???
みちくさケロ太
2009/03/18 23:41
みちくさケロ太さん コメントありがとうございます。

本当、旅行と生活とでは全然違いますよ。
多分、他の国は他の国で色々問題はあると思いますが、ココみたいに人間は色々な意味で酷くないと思いますよ。

住んでいて思うのですが、こんな環境だからこそ偉大な発明や書物を書き上げたのだと思います。

最近、ここの友達から、恐ろしい予言話(?)みたいなのを聞きました。
経済悪化、国際不安な昨今。
多分本当にそれも・・・アリなのかな?と思う今日この頃。・・・凄く憂鬱です。
miamiya
2009/03/19 00:23
ギリシャと言えば神話、白い服に輝く金髪
のような麗しいイメージがありますが
実際は中々一筋縄ではいかないわけですね。
といっても、人がそれほど悪いわけでは
ないのでしょう?(野蛮というだけで~~;)
修理については、他の国もかなり適当な
ような話を聞きました。モノもすぐ壊れ
ますしね。以前パリでワインオープナーを
買ったら、一度で壊れました。化粧品の
容器も軟弱です。日本ではありえないこと
です。(車もね)
さわさわ
2009/03/22 00:03
さわさわさん コメントありがとうございます。

どこに住むのも全てが完璧はありませんよ。確かにココの人たちは悪い人ばかりではありませんよ。でも、トータルで考えたら・・・。

専門店で、必ず無くてはならない物が無いんですよ。
そして知らないんですよ。それで専門に仕事をしている・・・そういうのが許せないんです。
話を返せば、技術屋やインストラクターも使わない知らないんです。そういう人たちに教わりたいですか?修理してほしいですか??

確かに、ココの物はよく壊れますけど、物の製造に関しては得意分野があります。私はその国の得意分野の物を購入しています。

>(車もね)
これは、どこ製の車を指しているのでしょうか?

最近、日本で購入した日本製のPCやデジカメは1年も経たないのに壊れてしまいました。ネットで購入者のコメントを読みますが、同じ状況になった事を書いています。
確かに壊れる確率的には少ないですけど、以前と比較しますと日本のものづくりの姿勢が崩れているのでは?と思います。人員、コストの問題色々ありますが、せっかく今まで培った技術を汚さないでほしいです。
miamiya
2009/03/22 16:45
そうなんですか。たしかに最近は2年もたたず
キッパリ壊れるものもあります。そんなことが
あっても、日本のものは優れていると盲目的に
信じきっているところはあります。(私は)
内にいると、内のことは見えなくなるもの。
miamiyaさんの厳しい意見は新鮮でした。
(変な意味じゃなく、素直に)

車はイギリスとフランス車でした。友人が乗って
いたのですが、頻繁に修理に出していました。
単にハズレだったのかもしれませんが。
ただ、私のが常に快調だったので、総括して
「外車は」という気持ちになっているのでした。

こうしてみると、人は狭い範囲の経験で判断してる
んですねぇ。仕方のないことではありますが。
長くなってしまいました。失礼しました。
さわさわ
2009/03/22 23:12
さわさわさん コメントありがとうございます。

日本国内から1歩出ると、見えないものに気づき、歴史や文化その恩恵を受け、今の私は生活しているように思えます。ここ数年、今まで築き上げた日本が崩れつつあります。
例えば、中立国家を保っていたのに、イラク戦争ではアメリカ支持、日本製が1年未満で壊れる・・・私の知っていた日本ではありえないことです。
実際、韓国メーカーのTVを購入したり、電気機器のマーケット市場を見ていますが、アジアですと韓国製のシェアが日本製より明らかに上回っています。
話は変わり車の件ですが、その点に関してはあえて伏せさせていただき、個人的にメールにて返答します。
色々な人種と接していると、良いも悪いも自分達の国に誇りを持ち、お互い情報交換をし、なるべく失敗をしないようにしようとお互いの意見を参考にして生活しているように思います。それは、見習う点だと思います。
誤解はしないでください、知る事で、今後の人生にいつかその情報は何らかの形できっと役に立つと思います。もし、私のブログでさわさわさんが役に立てれば光栄に思います。
miamiya
2009/03/23 17:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無い、ない、ナ〜〜〜〜〜〜イッの国 大きなオリーブの木の下で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる