大きなオリーブの木の下で

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ外国で外国人同士の絆〜助け助け合い私は生きているp(^^)q〜

<<   作成日時 : 2009/11/02 22:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 12

この出会いは、もう半年以上になります。

1年以上野放しにしていた私の髪の毛。
さすがに・・・限界。
一年前にフランス人のスタイリストさんに切ってもらった以来切っていない。

どうしてかって?
毎回美容室(外国人に切って貰うつど)に行くつど酷い髪型だったから。

2度地元の美容室で切ってもらったことがある。
・・・うん、酷かった
髪を切るたびに1週間は人前に出たくなくて引きこもる日々・・・
それ以来、外国人に髪を切ってもらうと言うのが私の中では恐怖に過ぎない。
確かに、髪質等の問題もあるだろう。
でもお客の立場になって考えて
雑誌持って行って、自分好みの全く違う髪になって帰ってくるし、髪質に文句を言われ、おまけに高い!!余り気持ちよくない。。。

本当は、近いうちに仕事でフランスに行く予定があり、日本人から切ってもらおうと思ったのだが、それまで待てない!!ので、同じアジア人の友達の紹介でここに住んでいるヘアースタイリストを紹介してもらった。
最初は、彼らはためらってたけど、いつもの困ったときのうるうる攻撃でOKを頂いた。

髪の扱い方も丁寧で、シャンプーしながらの頭皮マッサージも気持ちよく、言葉はほぼ通じなかったけど、気に入った髪形になった。
それから、2ヶ月に1回は通うようにしている。
これが唯一の私の贅沢


毎回通うたびに、片言の彼らの母国語1単語をメモし、本持参でいく。
緊張するけど、私にとっては懐かしい雰囲気で、同じアジアだからだろうか落ち着く。

3度目だろうか?
初めて、オーナーから髪を切ってもらった。
いつもきってもらっている、マネージャーもうまいんだけどね。
実は、一度でもいいから切ってほしかった。
いざきってもらうと緊張して、相手の手さばきに見とれてしまう。。。やっぱりすごい丁寧で、しかもうまい。。。
その日は、セミロングヘアーからばっさりショートにしたので、思った以上に気に入った髪形になりご機嫌

髪を切り終わった後、奥様と初めて会話をした。
・・・ずっと私のことを●国人だと思っていたらしい。多分、ここに住んでいる日本人らしくない(服装とか雰囲気とか・・・)からだと思う。
まぁ日本にいるときも、その国の友達も多いし、よく言われるので・・・でも整形はしたことないけど。
日本人と言ったら、アニメの話や色々な話で盛り上り、かわいい看板娘のKikiちゃん
画像

すごく久しぶりに楽しい気持ちだった。。。


そして、先日。
久しぶりに通ったアジアンショップの方から、すごく珍しいものをいただいた。
それは・・・
画像

じゃ〜〜〜ん
画像
餡蜜です。
すご〜〜〜く甘かったですが、ココで食べれるなんて思えなかったので、本当においしかったです。


・・・こう考えると、私色々な外国人から助けられているな。


外国に住んでいると、少なからず人種問題は出てきます。
特にココはとあるへ出稼ぎ労働出戻りの地元人が多い。
一部のそういう人が、少なからず日本人(アジア全般とも言っていいだろう)はイ●ローモ●キーとして見られるの事がある。
そういう人に限って・・・何もできない、浪費ばかりのトドに多い。・・・一番いわれたくない
ちょっとのことでギャーギャーギャーうるさいので無視し、あまりにも煩かったら、痛恨の一撃のような言葉を言って黙らせている。
・・・強くなるものだ。


そして、人種を見る目が変わってきました。
私が日本で苦手だった人種が、今では仲良く会話をしていたり、色々気軽に紹介してもらったり、TVドキュメントでかわいそうと思っていた人種から、元気とたくましさ、そして珍しいものを色々いただいたり・・・。
特に、ココの外食事情は酷いです。そういう中で、似た味覚を持つ人からいただく母国の郷土食事はとてもうれしいです。
自分の身内のようによくしてもらったり・・・殺伐した中からもその優しさがすごく私にはエナジーになります。


いただくだけではありませんよ。
みんな、お菓子事情では苦労しているので・・・
画像
甘さ控えめのお菓子を作って差し入れに持っていったり、悩みを聞いたり、解決方法を一緒に考えたり・・・そして、お友達のショップを紹介したり。。。

気づかないところで、お互い助け合い、信用を得て生活しているんだな・・・って。


それぞれ、一人ひとりにそれぞれのストーリーがあります。
その中の出会いが、お互いどう刺激を与え、刻まれていくか。。。

私自身、特に同じアジアは助け合い仲良くしてほしい。
お互いにいがみ合ってほしくない。。。

確かに昔は隣国同士で戦争をしあい、いまだ教育でも、日本のことを敵のような扱いで教育を受けている場所があります。
会話の中でも、必ず1度は戦争の話題、歴史問題は出てきます。
私は否定はできません。
でも・・・お互いが対立してては前が進みません。
ここで生活していくうえで、私と出会った相手はお互いの国同士の見えない溝を埋めあっています。


時間をかけて、信頼を得る。
そして、お互いを尊重し思いやる。
それが大切なのではないかな・・・って。


それは、人種に問わず、ネットはもちろん、日常生活でも同じことだと思います。
見えない糸が絡み絡んで、その一本の絡みをとりながら、たまには切れるかもしれません。
でも、一人では生きて行けないから。。。つながりは大切です。

私も立派な人間ではありません。
失敗もしたりします。
でも、私流のやり方で、周りのご指導を受けながら人とのつながりを大切にして生きたいです。。。


ブログランキングに参加しています。
↓をポチッと
画像

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像
クリックしてください♪今後の励みになります
応援の方よろしくお願いします。


今回のお勧め品
・・・ここのとはちょっと違うけど、本当にすごく甘かったけど、プニプニ寒天の味がしました。。。今度は、アイスクリーム乗せようっと♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
とても共感できました。
私は嫌な言葉ですが産業ピラミッドの底辺のようなものですので、そういう人たちがとても付き合いやすい事が身にしみています。
きょうも農家のおばあちゃんと10分位話をしていたのですが、とても気を遣ってくれるし、優しいし、私もお返ししないといけないなあと思います。
少しづつ顔見知りの人を増やして、地道に輪を広げて地元の人になるのが一番かなと思います。
私が今住んでいるところは外国の方は見ないのですが、昔ペルー人がすごく人当たりが良かった事を思い出しました。
夢と希望を持って来ている外国の地、偏見さえ持たず、居心地の良い場所にしようとするなら、きっと争い事なんてなくなるよね。
あきらん+
2009/11/02 23:52
miamiyaさんのブログを拝見すると、日本の中にいては分からないことがたくさんあるんだと再認識することがしょっちゅうです。
争いやいがみ合いからは何も生まれませんよね。みんながそういう気持ちなら、もっともっと素敵な世界になるのになぁって、思わずにはいられません。
ところで。
あんみつって、HALO−HALOっていうんですか?
みちくさケロ太
2009/11/03 17:24
こんばんは
人と人との付き合いはmiamiyaさんの言われるように
「時間をかけて、信頼を得る。
そして、お互いを尊重し思いやる。
それが大切なのではないかな・・・って。」
その通りだと思います
大阪人のくせに人見知りで
人付き合いの下手な私ですが
長くお付き合いしている人達は皆お互いに節度を持った信頼できる方ですね
国籍 人種などより人間としての感性が合う事ですね

えっちゃん
2009/11/03 21:32
あきらん+さん コメントありがとうございます。

色々な人と出会う中で、ここで学んでいることは、勝手な創造と認識で人を判断しないです。
一人の人間として、肌や目の色が違っても、分けて見ない。。。でもこれって結構難しいんです。

以前から付き合いの幅も様々で、リッチな人でも、はぁ??と思う人もいれば、何も言わないで、荷物を運んだり、気づかないことを教えてくれたりね。
危険地帯に探検に行った時に、その地域に住む知り合いがボディガードしてくれたり、そうかと思えば、金盗もうとする人だっている。
色々経験し体で覚えないと、人の付き合いってできないと思うんですよね。

確かに、私は地元の人間は苦手・・・というか、嫌いです。
でも中には、探せば気の合う人、私に刺激を与えてくれる人もいます。一概に悪い人とは言えないんですよねf(^^;

ここに住んでいる以上、そこの社会をある程度は尊重し、生活しなきゃと思います。
・・・やっぱり一人では生きて行けませんからね。

その中でも母国を離れている同じ境遇だから、心開けば見えない何かがあるんですよね。
やっぱりみんな仲良く、平和な社会が一番ですね。(^^)
miamiya
2009/11/04 05:44
みちくさケロ太さん コメントありがとうございます。

・・・こんなことをブログで書いていいものか。と思いましたが、実際生活をしてて、日本に住む外国人と同じ立場になって分かったことなんですよ。

日本で受ける印象と、実際外国に住んでいる同じ人種であるアジア人と接してて(・・・まぁ、ヤバイ・・・という人たちも勿論いますよ)、お互いさり気無い会話でも見えない壁みたいなのがあるんですよ。それを、ドリルで勢いよく壊すのではなくて、小さなスコップで、ちょっとづつ削る感じ。

変ないがみ合いをなくし、少しずつお互いの国の持つれを解消し、実現できたらな・・・と思うんですよね。
政治の世界でも同じだと思う。
すごく難しいと思うけどもっとお互いが分かち合えばもっといいのにね。

多分ね、商品名HALO−HALOだと思います。
ちなみにタイの食べ物ですよ。
すご〜〜〜く甘くてね、小豆は固いしね・・・でも、寒天はプニプニしておいしかったですよ♪
miamiya
2009/11/04 06:06
えっちゃんさん コメントありがとうございます。

そうですね、ここでお付き合いしている方は、ある程度、節度を持っていないとちょっとした行動で、お互いの”あぁ、あなたもか・・・”というような雰囲気があるんですよ。

隠す隠さないとかではないのですが、気持ちはストレートに話さないと、誤解を生じることが多いですね。

いやいや、大阪の方は外とは裏目で結構繊細な人が多いですよ。
私から見たえっちゃんさんはすごく人との付き合いがうまく器用に感じますけど。。。

関西の言葉は、漫才みたいに聞こえますが、それが人間味があり好きですよ。
miamiya
2009/11/04 06:24
miamiyaサン。こんばんわぁ。
本当に本当に。
miamiyaサンのブログを読んでいると
文化の違い。
歴史の重み。
痛感します。
私は本当に日本や歴史を分かっていない上に
食べ物も洋食が続くだけでお手上げ。
海外生活は憧れるけど
色々な意味で難しいのだろうなぁと思います。
そして。
記事を読むたびにmiamiyaサンのこと尊敬しますぅ〜。
(人´∀`)☆゚*:.。

大変遅くなりましたが
今メールを送りました。
宜しくお願いします☆

himekichi
URL
2009/11/04 23:35
himekichiさん コメントありがとうございます。

えらそうなことを書いているけど、日本にいるときは、人事のようにしか考えていなく、いざ自分が経験して、初めて外国移民者の気持ちが分かりました。
いいことばかりじゃないけど、その中でちょっとの出来事がすごくうれしいんですよね。・・・ここに住んでいると、人の温かさに触れないから尚の事です。

若い時はね、洋食を食べ続けてもOKだったのですが、年を取り、病気をしたりすると・・・和食ってあまり栄養に偏りが無いように思います。それに洋食よりもカロリーが低いしね。

後、日本では結構歴史を浅く考えているように思いますが、外国ではそうは行きませんよ。
きちんと自分の国の歴史は把握しておかないと、”どうして自分の国なのに歴史を知らないの?”と言われまよ。歴史は調べれば調べるほど面白いですよ。

いやいや・・・尊敬されることはしていませんよ。
今回の記事は、寝かしていた内容なのです。
世界情勢の雲行きが怪しくなる中、いつか書かないといけないと思った記事なんです。

himeさんだって素敵ですよ。
子育てといい、並大抵なことじゃないですよね。後、インテリア作り、身近な材料でどうそのものを生かすか・・・すごくやりくりがうまいし、尊敬します。

メール確認しました。
近日中にゆっくり返事しますね。
miamiya
2009/11/05 07:17
miamiyaサン。おはよぉ〜。
メール送りましたぁ〜。
いつでもいいので確認お願いします♪

himekichi
2009/11/07 07:56
himekichiさん コメントありがとうございます。

おはよぉ〜〜〜っ。
了解です!!私も急いでメール送りました。(^^)
確認お願いします。
miamiya
2009/11/07 19:00
こんばんは〜^−^

コメントの中で書かれている
>色々な人と出会う中で、ここで学んでいることは、勝手な創造と認識で人を判断しないです。
一人の人間として、肌や目の色が違っても、分けて見ない。。。でもこれって結構難しいんです。

うん!うん!と頷いてしまいました。
私が通勤している京都にはかなりの外国人が旅行にこられます。
旅行以外に、日本の良さに惹かれて済む人達も多く。

確かに自分と違う外見や考え方、それを理解するとかって簡単な事のようで難しいなって思います。
これは私が日本にいるから、日本的な目線で見ていますが
miyaさんのおっしゃるように外国に住めば、逆の立場になります。

そういう環境の中で全てが上手く交わりあうわけではないけれど
互いが心の不必要な壁を乗り越え、理解しあうというのは
そこに存在するのは、人間としてどうあるかということなのかもしれませんね。。^^

私も日本という小さな島にいるから
miyaさんの見る目線から学べる事がたくさんあるんですよね〜*
歴史・・・あちゃ〜(∋_∈)苦手なひとつだ。。(笑)

aya
2009/11/08 22:59
ayaさん コメントありがとうございます。

そうなんですよ。
ここでも外国移民の大半は日本は憧れの地。
そして、お金持ちの国・・・こう見られるのも嫌いなんですよ。私は、一般庶民だ!!日本人だったら誰でも金持ちだと思わないでくれって思います。

でも、そうした所から接するにつれ、外国に住んでいるという同じ立場で段々見てくれるようになるんですよね。
私もどこかで、相手を貧しい国とそういう目で見ているのかもしれませんね。

お互い共通していることは、”あの人たち(いうまでもない・・・地元の人たち)にはなりたくない”結局この話になるんですよね。。。ここに住んでいると。

今は後進国も、先進国から技術を学び、先進国に追いつけと勢いがすごいです。
先進国がどうの後進国がどうの、最近はそうのは関係なく、技術が進み、問題が複雑になっています。でも大きな問題というのは一向に小さくならず膨らむばかり。
問題を抱え込むのではなく、色々な知恵を出し合い、解決の道に進まないと・・・ね。
話がそれてしまいましたf(^^;

歴史は前から好きでして、でも日本史も勉強してたつもりがつもりで終わっていて、教科書の勉強ではなく、実際は突っ込んだ質問が多くかなり焦ります。調べるうちに、かなり面白いんですよ。そして、現代につながるヒントにつながりますもの。。。

大小問わず歴史は、自分が将来生きていく上の鍵にもなりますよ。
miamiya
2009/11/09 04:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
同じ外国で外国人同士の絆〜助け助け合い私は生きているp(^^)q〜 大きなオリーブの木の下で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる